リンク: .

は、2015年度を最終年と定めていた次世代自動車の購入補助制度を2016年度以降も継続する方針を明らかにしたと伝えています。

補助対象は電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車。

普及率が伸び悩んでいるので、まだ数年は必要かもしれません。ただし同じ車種の場合、年々補助率は下がっていく制度になっているので、買おうか悩んでいる人は今買った方が結果的には安く手に入れることができ、数年後までの間に維持コストの安さで、ガソリン車との差額を大きく埋めることができるでしょう。

金額的な面よりも満足感の方が大きいですが。