リンク: .

10月30日から一般公開される「」に外部給電用インバータの市販予定モデル「Power Exporter 9000」を紹介しています。

もともとホンダのFCVと接続して電源を外部供給するモデルですが、今回の「Power Exporter 9000」はV2L(Vehicle to Load)ガイドラインに沿った装置車両なので、ホンダ以外のFCV、EV、PHEVのポートからも給電器として使用できるようです。

利点は、最大9kVAを出力できるという点で、非常用電源としての活用はもちろん、ホンダの発電機研究を生かしてキレイな波形の交流電流が安定供給できるために、他の給電器では推奨していない医療機器への電力供給も可能としている点です。

リンク: .(2010/06/28)

価格にもよるでしょうが、給電器にも補助金は出ますから買い求めやすくなるでしょうし、福祉拠点や医療機関などで利点の利用を見越した需要が多いのではと思います。