リンク: .

日産とは、カリフォルニア州で実施されるドケケンの行動範囲拡大実証事業」の 委託先に選定されたと発表しています。

この事業は、電気自動車のさまざまな行動パターンデータを集積・分析することにより、より最適な急速充電器の設置場所を提案するとのことですが、電気自動車の一充電走行可能距離や電気を多く消費する登り坂などの地形を考慮すれば、必要な場所は事前に想定可能です。

カリフォルニア州は、州内で一定台数以上自動車を販売する自動車メーカーに対し、一定比率のEVやプラグインハイブリッド車等の販売を義務付ける ZEV(Zero Emission Vehicle)規制を強めていきますから、今後電気自動車が増えることが確実です。日本でも利用回数の増加により1台から2台へ増設された海老名SAのように、急速充電の場所よりも、同じ場所で充電器の台数を増やすことがより重要になってくることでしょう。