リンク: .(2016/02/03)

リンク: .(2016/02/03)

プレゼン資料を見ると、記事の内容以外にも興味を引かれる点がいくつか見られました。

より引用

この表だけを見ると、4年後の2020年までには電気自動車も大幅に増えているとの見通しをもっています。それもPHEVの半分以下ではなく、PHEVにみおとりしない台数です。それでも、今後の予定として現行の「アウトランダーPHEV」と2017年度にベース車が発売されてから1年以内の発売を予定されている「新小型SUVのPHEV」の2車種だけなのですから、発言はないけれど、RVRをはじめ「検討中」としか発表されていない軽電気自動車の販売台数には期待しているということでしょうか。

ミニキャブミーブはそのまま販売が続けられ、アイミーブは、現行のeKワゴン系に移行するようです。ただし、「検討中」とあるのが気にかかります。2015年01月03日には、 .と書いていますので、発売方針が後退しているのかもしれません。

また、ミニキャブミーブトラックはなくなるようです。ミニキャブミーブトラックは、2015年度4月から12月までで合計94台と月平均10台ほどしか出ていませんから、仕方ないことかもしれませんが、現行のEVトラックが四駆になればほしいという農業・林業関係者をたくさん知っている者としては、たいへん残念に思います。(×ミニキャブミーブトラックは、「ミニキャブミーブ」のくくりの中に入っているのかもしれません)

(加筆):(Kekkon)のブログによると、ミニキャブミーブトラックは、3月一杯の製造で終了すると、三菱の販売会社で確認されています。

リンク: .(2016/02/03)

最も売れている小型SUV「RVR」は19年度に全面改良し、EVも追加する