リンク: .(2016/03/18)

3月18日、豊橋技術科学大学と大成建設は、電化したアスファルト舗装路でバッテリーレスの有人電気自動車を世界で初めて走行させることができたと報告しています。

プレスリリース:

の投稿 2016年3月18日

今回の電気自動車にはバッテリーがありませんが、将来はバッテリーも搭載し、そこに走行実験のような道路から電気を取り入れることによって、電気自動車の価格を左右するバッテリーの容量を減らし、充電時間も減らすことができるかもしれません。

さらに将来的には、 .(2015/06/24)にあるように、道路で発電し、そこから直接電気を取り入れて走る電気自動車が生まれるかもしれません。