リンク: .

インド政府は、「国家電気自動車ミッション計画2020」に基づき、2017年4月1日から補助金制度を復活方針であると報じています。

気になったところは、2020年までに支出する額が1,200億ルピー(2000億円)である点と、その電気自動車販売台数が600~700万台を目標としている点です。人口が12億5970万人(2015年)と世界第2位の国であることをふまえても、販売開始から5年がたった日産「リーフ」でも累計販売台数が20万台を越えたところですから、インドの目標がいかに大きいかがわかります。

また、動き始めている自動車メーカーの中に、自動車メーカー、スズキのインドにおける乗用車生産販売子会社である「マルチ・スズキ」も名を連ね、2~3年後を目安に電気自動車を発売する予定と伝えていることから、日本へ逆輸入される日が来るかもしれません。 

リンク: .(2010/01/16)(SankeiBizはリンク切れ)

 スズキ会長は、この時以下のように語っていますから、水面下で研究開発はおこなっているのでしょう。

「(排ガスを出さない)電気自動車(EV)がエコカー開発の中心になるのではないか」との見解を示した。VWとの技術協力については、EVやHVなどの開発を「包括的に進めていく」