リンク: .(2016/06/21)

フォルクスワーゲンが10年以内(2026年までに)に30車種の電気自動車を市場投入し、2025年までに年間200~300万台の電気自動車を販売する計画についての記事です。

ディーゼル問題で失った信頼を取り戻すための構想だとしていますが、日本では「e-up!」も「e-Golf」も形になりませんでしたから、まだまだ取り戻す以前の状態です。しかし、現在は、電気自動車の選択肢が限られていますから、構想通りいって車種が増えれば喜ばしいことです。

三菱も信頼を取り戻すための一つの方法として、電気自動車やプラグインハイブリッド車に比重をかけてはどうでしょうか。