リンク: .(2016/08/12)

)では、募集していた充電スタンドの利用についての意見を以下の4点にまとめておられ、それへの解決策も提案されています。

(1)充電中に自動車から離れ、充電完了後もすぐに戻らない
(2)充電中に後続車が来た場合、ある程度充電が進んでいてもギリギリまで充電を行う
(3)充電完了後、充電待ち自動車がいるにも関わらず、いわゆる「おかわり」充電を行う
(4)電気の持ち帰り

私の場合、(1)と(2)で悲しい思いをしています。

(1): .(2015/04/21)

(2): .(2016/07/22)

できれば譲り合いのマナーが自然にできあがれば問題は少なくなるのでしょうが、リーフなどを見る機会は日々増えていますから、マナーに頼っている時期は過ぎたのかもしれません。

解決策1解決策2について

解決策1は、普通充電器を複数台と急速とを併設設置し、充電待ちを緩和するというアイディアです。この点について2014年に中日本高速道路に同じ要望をメールをしたことがありますが、中日本高速道路は高速道路上は経路充電だから考えていない旨の返事をもらっています。

あれから時間もたち、電気自動車の台数も増えてきたことですから、要望が多くなれば、考え方も変わってくるかもしれません。私は、以下のところからメールで再度要望を届けておきました。

リンク: .

解決策2は、「充電終了後にケーブルを抜くなどの行為を許容する」など、充電しているオーナーが何らかの意思表示をするというもので、電気自動車ニュースでは、次のオーナーへの合図のために「」を作っています。