リンク: .(2016/09/02)

今冬に発売される新型「」にからめて、トヨタの環境車戦略を取材したものです。

筆者は、ZEV規制自体に問題があると考えているようですが、アメリカで商売をする以上それは論外でしょう。また、「重い電池を大量に搭載した電気自動車が本当にエコなのかどうかは甚だ疑問」としながらも、ハイブリッド車がZEVにカウントされない、燃料電池車はインフラができていない、という環境から「消去法で残るのは電気自動車」と認めています。しかし、今のトヨタに売るべき電気自動車がないのも事実で、開発が進んでいるとのうわさのある「全固体電池」のできが、今後のトヨタを左右するかもしれません。

実用航続距離が100キロ以下の日産リーフのような電気自動車では、移動距離の長い北米マーケットでは需要がどうしても限られてしまう

北米マーケットに限らず、ヨーロッパでもアウトバーンのような長距離移動で超高速走行を続ければ、電気を大きく減らすことになり、電気自動車の短所の一つ航続距離の問題を際立たせてしまうでしょう。こうした対策もあって、(テスラ・モーターズ)の電気自動車はという電池を載せているのだと思います。

ただ、「実用距離」のデータを持ち合わせていませんが、日産が30kWhグレードも出している今「実用航続距離が100キロ以下」というのは、超高速走行を除けば筆者の誤解でしょう。

リンク: .(2016/06/20)

リンク: .(2015/07/27)

リンク: .(2015/05/10)

リンク: .(2015/01/31)

(読者の方から情報をいただきました。ありがとうございます)