(2016/11/29)

)は、技術革新によりリチウムイオン電池の寿命を12倍以上に向上したと報じています。高速充放電性能の向上にもつながるとしていますから、製品化が期待されます。

どこの電池が主流になるかわかりませんが、電気自動車に傾きつつある流れに上手くのることのできる電池が早く実現されることを願っています。今までエネルギー密度が現状の何倍という発表はあっても、残念ながら製品化されたとの話が聞こえてきませんから。

現実に近づいた夢の次世代バッテリー「全固体電池」を見た! - 価格.comマガジン.(2016/03/09)


日立造船が全固体リチウムイオン電池を開発、車載用に2020年に製品化 - MONOist(モノイスト).(2016/03/04)


大容量フィルム型リチウムイオン電池 事業化へ|新着情報|積水化学.(2016/03/09)