(2016/12/08)
は、高密度のキャパシター(記事に記載:コンデンサーとLiイオン2次電池(LIB)の中間的な特性をもち、高出力密度・充放電サイクルでの劣化がほとんどない)をつくることができる電解質材料を開発したと伝えています。
これにより高性能キャパシターが実現し、電気自動車に採用されると、航続距離はガソリン車並の600km以上、1回の満充電にかかる時間は2~3分になるそうです。
また、電池の進化の話題ですが、(2016/12/01)にも書いたように、実物が量産されることが重要ですから、少しでも早く製品化されることを願っています。電気自動車のデメリットといわれている走行距離と充電時間の2つの問題を解決してくれる電池なのですから。

(2016/12/01)に書いたは、電気自動車を2020年までに量産し販売するというトヨタとの取引があってしました。こんなところにも進化した電池の製品化が期待されていますが、案外今回のトヨタの電気自動車市場への参戦は、次世代電池採用へのメドがついたからかもしれません。

(2016/11/08)