(2017/01/04)
朝日新聞は、フォードがメキシコに建設すると公表していた新工場の計画を取りやめると発表したと伝えています。フォードは、今後5年間でするとしている自動車会社です。
記事の中で気になったのは、以下の所です。
代わりに米ミシガン州の既存工場の自動運転開発や電気自動車をつくる設備に
4日の「超ホンマでっか!?TV」2017年予測の中に、アメリカは環境規制を緩め、アメリカ国内石油の採掘を振興するから石油価格が安くなる、という話がありました。もし予想通りに ガソリンが安くなれば、電気自動車にとっては不利になるでしょう。それでもアメリカの自動車メーカーは、今の計画通り電気自動車の製作を積極的に進めるでしょうか。
やはり2017年は、トランプ政権の方針によって、電気自動車などのウェートが高まるのか伸びが押さえられるのかの分かれ目となるかもしれません。
アメリカ政策の行方で(2017/01/03)