(2017/01/11)
デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーでフォルクスワーゲンは、111kWhの電池で1充電600kmの航続距離を実現する「VW I.D.BUZZコンセプト」を初披露したとしています。
記事の写真には、床一面に広げられた電池の様子が映っていますが、111kWhといえば日産リーフ24kWhグレードの約4.6倍です。「コンセプト」カーとはいえ、実現に近づくかもしれない数年後に電池が著しく進歩したとしても約4.6倍もの電池が床面に収まるとも思えません。
しかし、同じ会場では、同社製品と比較して必要なユニット数と重量が10%減り、なおかつ1充電526 km走行可能な電池を発表しているそうです。 2017年は、航続距離300km以上の電気自動車が出そろうようですから、SDIの電池が量産されるという2021年頃には、予想を超えて500kmが当たり前になるのかもしれません。