(2017/05/26)

日産「セレナ」に、ガソリンエンジンで発電しモーターで走るシリーズ式ハイブリットのと同じシステムを採用したモデルを今秋にも発売するようだと伝えています。

このタイプの「ノート」はよく売れていますから、2匹目のドジョウを狙ってのことでしょう。
セレナには、同一車線自動運転技術「」が搭載されていますから、「セレナ e-POWER」にもそのまま採用されるでしょうし、さらに進化した「」はフルモデルチェンジするリーフにも採用されることでしょう。将来的には、自動運転につながる技術として。

ドケケンニュース」では、e-POWERを「なんちゃってEV」と位置づけていますが、「準EV」もそれらしいネーミングだと思いました。しかし、その車を「ニュース」に取り上げるのはどうかと思いましたが、次期リーフに関係すると思うので、載せておきます。