(2017/06/09)

ホンダは、今秋のオートショーで公開するという電気自動車について、以前リース販売されていたと同じコンパクトカーサイズのBセグメントが中心になると伝えています。

「中心」というのは曖昧な言葉ですが、仕様によってはCセグメントとのグレードも用意するということかもしれません。4月に上海で開かれていた上海モーターショーでは、人工知能を搭載したコンセプトカー「Honda NeuV(ニューヴィー)」を発表していましたが、そこまでは小さくならないようです。

(画像:HondaのHPより引用)

また記事では、の一充電走行距離225kmを伸ばすとも書いていますから、の電池容量だった20kWhから、少なくとも30kWh、次期リーフでウワサされる40kWhを越えてくるのでしょう。

さらに「超急速充電」で15分150マイル(約240km)とありますから、が新しく策定した高規格に対応するようです。150キロワットの急速充電器(2017/03/29)

には、した東芝のリチウムイオン電池が使われていましたが、「超急速充電」にも対応した電池は何が採用されるか今から楽しみです。

いよいよHondaもEV(2017/06/09)