(2017/07/03)

アメリカンホンダが『クラリティ・エレクトリック』の販売を開始したと報じています。

1492045219445
(引用:ホンダHP)

テスラが納車され始めたばかりですから、どうしても比べてしまうのですが、その仕様を見るとホンダ副社長がいう言葉「」に間違いはないのかと心配してしまいます。

以前にも書きましたが、後出しなのにその電池容量はたった25.5kWhです。は詳細を発表していませんが、その航続距離からするとスタンダードタイプでさえ60kWhであろうと予想されています。しかもクラリティ エレクトリックは、現行リーフの30kWhより少なく、24kWhのタイプよりも少し多いだけです。そのリーフも9月に40kWhとも60kWhとも噂されている新型を発表しますから、ホンダは電気自動車を売る気がある設定なのかはなはだ疑問です。

クラリティ エレクトリックは「」として、リース料金を269ドル/月(約3万円)としています。リース契約は3年ですから、3年間での支払いは108万円となります。クラリティ PHEVはだそうですから「お求めになりやすい」価格といえそうで、の納車待ちの間、リースで乗るという手段もあるかもしれません。最新モデルにもかかわらず、一回の充電で約130kmしか走らない電気自動車で我慢できればの話ですが。