(2017/09/07)

三菱は、ミニキャブ・ミーブの「車両接近通報装置のスピーカーにおいて、車体に取り付けるための金属ブラケットの塗装が不適切なため」、2011年(平成23年)11月18日から2016年(平成28年)3月19日にかけて製造された車両の「車両接近通報装置のスピーカーを良品と交換するとともに、取り付けボルトを新品に交換」すると、リコールを届けています。

リコール対象車は7,582台です。



加筆:コメントいただきました点について。
ミニキャブ・ミーブは2011年12月から発売になり、三菱から毎月発表されている販売数を2017年7月までで集計していますが、その台数は6484台です。この台数は、発表されているリコール対象車台数と約1000台も違います。
以前にミニキャブ・ミーブと言いながらミニキャブミーブ・トラックも含んでいたことがありましたから、もしやと思い私のトラックの車台番号で調べてみたところ、当たりでした。ミニキャブミーブ・トラックは、その期間に1018台販売されていますから、合計で7502台となります。リコール対象車数には80台足りませんが、販売されずにディーラーなどにある分とすると数字が合います。