日産車の完成検査工程を認定された検査員が実施していなかった続報です。
(2017/10/04)

最初の記事、日産車 登録手続きを一時停止(2017/10/01)が出たときに、コメント欄で『普通に考えるなら、検査のたびに書類に「検査員名」をサインするかハンコを押すでしょうから、誰が検査したのか把握できそうなものです』と書き、無資格者がわかれば対象車を絞り込み被害を最小限に抑えることは可能かもと思いましたが、そのハンコが無資格者のものではなく、その場に居ない有資格者のものであったと記事は伝えています。(ですから、121万台余りを点検へと傷口は広がったようです)

そうなると無資格者が対象の検査をすることに問題はないと思っていたという単純なミスではなく、記載内容の偽装が意図的にされていたことになります。三菱の燃費偽装は反面教師にならなかったようです。



日産は、10月27日から一般公開される第45回東京モーターショー2017で、新型「リーフ」の「」を展示したり、新型「リーフ」と同じ40kWhの新型リチウムイオンバッテリーを搭載した「」を発表したりとこれからの期待が大きかっただけに、その代償は大きなものとなりそうです。