東京モーターショー2017がプレスカンファレンスで始まり、日産が「」を世界初公開したり、トヨタがを目指して開発中であることを明らかにしたりしていますが、私の一番のニュースは、ホンダが日本初公開となったアーバンEVをベースに、市販モデルを2019年の欧州発売に続いてと明らかにしたことです。ホンダが発売を明言したことは、電気自動車の選択肢が増え、うれしいニュースです。

トヨタの全固体電池は確定したわけではありませんし、すでに長寿命・耐低温特性を実現している東芝のリチウムイオン電池SCiBは、超急速充電で走行距離を3倍に延ばすことが可能なしているそうですから、このようなリチウムイオン電池がしばらくは実績を重ねていくのでしょう。

ただし、生産体制を整えるのに時間がかかるため2020年なのでしょうが、10パーセントへの消費税の増税は、先日の選挙で2019年10月と決まりましたから、駆け込み需要に先食いされてしまうことを考えると、もう少しの前倒しも必要かもしれません。

(加筆)
(2017/10/26)によると、「基本的にはシティコミューター。これは都会だけではなく、地方の方々にも比較的近距離で移動手段として使って頂く」と述べたそうです。今でもよく都会に住む人が「シティコミューター」を都市での限定利用というくくりで書きますが、公共交通機関の少ない地方での移動手段にこそアーバンEVのような近距離移動を想定した電気自動車が必要です。

現在その役割をになっているのが軽自動車ですが、アーバンEVコンセプトの車格に関しては『ヨーロッパでも出すのでグローバルサイズということを考えているので、軽自動車ではなくてグローバルのコンパクトカーの分類に入れるクルマを想定している』のだそうです。日本発売の前年にヨーロッパで出すので、2種類のサイズを用意することはコスト的に難しいでしょうが、日本の軽自動車をアーバンEVコンセプトに置き換えるとするなら、車格はやはり軽規格でしょう。地方では2台目の車として軽自動車が広く普及しているのですから。


以下は、来年から23年後の2040年までの今ある予想記事を時系列に整理しています。ただし、これらはすべてあくまでも「予定」であって実現するかどうかは「未定」です。(初出2017/08/18、更新2017/11/02)


(2018年)

◯ <クルマ革命>(2017/08/21)
  • 2018年夏ごろに超小型EVをタイで生産と販売を開始
◯現代自動車 2018年前半に(2017/8/17)
  • 航続距離が500キロメートルのEV開発に着手
◯ジャガー・ランドローバー(英) (2017/08/19)

◯日産 中国合弁会社「」(2017/08/14)

◯日産 新型リーフに電池容量を増やしたグレード追加(「Longer Range」)

◯ホンダ (2017/06/08)
  • 2018年に中国専用電気自動車モデル発売
◯ドイツ (2017/05/22)
  • ダイムラーは、2018年半ばでにリチウムイオン電池の操業を開始
◯ロシア (2017/04/12)

◯タイ (2017/09/01)


(2019年)

◯GM (2017/10/03)
  • 現行の「シボレー・ボルトEV」を土台に2車種
◯ポルシェ  (2017/09/19)
  • 米国では少なくとも8万ドル程度から
  • 一充電航続距離が300マイル(480 km)。350 kW急速充電にも対応 
◯ルノー、東風、日産(中国)投資有限公司 が設立する(eGT New Energy Automotive Co., Ltd.)は、電気自動車を2019年に生産開始(2017/08/29)

◯フィスカー (2017/08/14)
  • 9分で160㎞分のバッテリー充電、価格12万9,900ドル(約1440万円)
◯三菱 (2017/09/24)
  • 軽自動車がベースのEVも国内に19年にも投入(当初の2020年から前倒し?)
◯東芝 (2017/10/02)
  • 体積あたりの容量を2倍に
  • 従来の5倍の電流で充電が可能
◯インフィニティ (2017/09/28)
  • 日産が海外で展開する高級車ブランド、2019年の発売を目指して新型EVを準備中
◯トヨタ (2017/08/14)

◯ホンダ (2017/09/13)

◯マツダ を2019年に発売

◯ボルボ (2017/07/05)
  • ボルボ・カーズは全ての車にモーターを搭載
◯テスラ にModel Yを発売(2017/05/09)

◯BMW 「MINI」(2017/08/30)

◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/07)
  • (2017/09/19)
  • 蓄電容量70kWh、1充電航続距離最大500km
◯インド (2017/5/24)
  • 2019年には1充電で最大350キロメートルを走る新型車を投入
◯中国 (2017/09/01)
  • メーカーに新エネルギー車(電気自動車など)の現地生産を課す新規制について、開始時期を2018年から実質的に1年延期
  • 全体の10%、翌年は12%を新エネルギー車に決定(2017/09/28)


(2020年)

◯ダイソン (2017/09/27)
  • コードレス掃除機などで培った蓄電池やモーターの技術を生かし、すべて独自での開発
  • 2020年代の初めまでに全固体電池を採用し、「スポーツカーではなく、非常に安い車でもない」EVを発売
◯ヤマダ電機 (2017/10/31)
  • と提携し、2020年までに全国のヤマダ電機店舗やインターネット通販で100万円以下の電気自動車を販売
◯ジャガー・ランドローバー(英)  (2017/09/08)
  • 2020年以降に発売するすべての車種のパワートレインを、電動化
◯アストンマーティン(英) 
  • 2020年末までに全車種の4分の1を完全電気自動車に
◯フォルクスワーゲン (2017/08/08)
  • 価格は3万〜3万5000ドル、航続距離は約250〜300マイル(約400キロ~480キロ)
  • 前後にモーターを1基ずつ搭載、83kWhのリチウムイオン・バッテリー()
  • 2020年から
◯アウディ (2017/08/24)

◯BMW (2017/09/11)
  • 2025年までには全部で12車種の完全EVを展開
◯トヨタ (2017/07/25)
  • 2020年にオリンピックモデルの電気自動車を大会で使用
  • 「全固体電池」を搭載した電気自動車を、2022年にも日本国内で発売する方針
◯ドイツポスト (2017/06/14)
  • 2021年をめどに約47,000台の配送車のほぼすべてを電気自動車に切り替える
◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/10)
  • (2017/10/11)
◯三菱 (2017/09/24)
  • SUVをベースにした電気自動車(RVR)を2020〜21年に日米欧などの市場で発売
◯三菱 (2017/06/09)※2019に変更か
  • 販売中の軽のEVより価格を抑える
◯ホンダ (2017/10/25)

◯GSユアサ (2017/08/08)
  • 1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも開始
(イーグル) (2017/10/06)

◯フォード (2017/05/18)
  • EV SUVの航続距離は
◯日立造船 (2016/03/04)

◯ドイツ 2020年までに(2017/09/14)


(2021年)

◯スバル (2016/05/12)


(2022年)

◯フォルクスワーゲン (2017/08/23)
  • ベースは「」で、レベル3の自動運転技術を採用
  • 主なターゲット市場は、北米・欧州・中国で、商用のカーゴバン・モデルと乗用モデルの両方投入 
  • コンセプト・モデルは、新欧州ドライビングサイクルに基づく航続距離600km
◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/12)
  • 50種の新しい電気自動車がオプションとして選択可能
  • (2017/10/11)
◯日産・三菱・ルノー (2017/09/15)
  • 12車種のゼロ・エミッションEVを発売
◯ホンダ 2022年をメドに

◯タイ (2017/10/05)
  • 政府は、全国で約2万2000台のトゥクトゥクを2022年までに全てEVに切り替え

(2023年)

◯GM (2017/10/03)
  • 2023年までに20車種以上の電気自動車と燃料電池車を発売

(2025年)

◯(2017/07/19)
  • おそらく10年後(2027年)のアメリカでは、新たに生産される自動車の半分以上がEVに」
  • 「EVの価格は、従来のガソリンエンジン車と同程度に」
◯ホンダ (2017/03/07)
  • 2025年をめどに欧州四輪販売数の3分の2を電動車両(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池)に置き換える
◯アウディ (2017/08/24)

◯BMW (2017/09/11)

◯フォルクスワーゲン (2017/09/13)
  • (2017/09/15)
◯オランダ (2016/06/06)
  • 2025年から
◯ノルウェー (2017/06/01)
  • 2025年以降は、従来のガソリンおよびディーゼル車の新規登録廃止を目指す
◯インドネシア (2017/09/04)
  • インドネシア政府は、EV部品の輸入税率を現行の50%から5%に引き下げることを検討
  • 2025年までに国内自動車生産台数の2割をEVに


(2030年)

◯フォルクスワーゲン (2017/09/12)

◯マツダ (2017/09/18)

◯スズキ は、2030年の実用化を想定(2017/09/22)

◯マレーシア (2017/08/16)
  • 2030年までに電気自動車登録台数10万台、充電器12万5,000カ所
◯インド (2017/06/04)
  • 2030年までに同国内で販売する自動車を全て電気自動車に
◯ハワイ州 (2017/08/31)
  • (2027〜2037年)ガソリン車から電気自動車や燃料電池車への移行を促すための方策を検討し、導入目標を設定
◯パリ (2017/10/16)


(2040年)

◯イギリス (2017/07/26)
  • 2040年までに国内でのガソリン車とディーゼル車の販売を禁止
◯フランス (2017/07/07)
  • 2040年頃(まで)に国としてガソリン車とディーゼル車の国内販売を禁止