(2017/10/31)

ヤマダ電機は、4人乗りで最小クラスの電気自動車を手がけると資本・業務提携を発表し、2020年までに全国のヤマダ電機店舗やインターネット通販で100万円以下の電気自動車を販売すると報じています。

は、2018年夏ごろに水に浮くする予定にしていますが、がいまだに決まらない日本向けには、日本規格の電気自動車を別途開発し、組み立ては船井電機に委託する方針だそうです。こんなところにも将来の自動車政策が定まらない政府がかいま見えます。

(mugendai) 

(水に浮くFOMMの車の様子は55秒あたりから)

タイで生産する電気自動車ならそのまま輸入すればよいですが、新たに日本規格を開発するとなると時間も資金もかかるでしょう。10パーセントへの消費税増税は2019年10月ですから、もう少しの前倒しも必要かもしれません。

また、2020年というとダイソンもと発表されていますから、デンキ店舗内のディスプレイで競争相手になるかもしれませんが、こちらは全固体電池を採用し、「スポーツカーではなく、非常に安い車でもない」としていますから、100万円以下ののとはすみ分けるのでしょうし、100万円以下ですから電池容量もリチウムイオン10kWh程度でしょう。

ヤマダ電機の発表には「バッテリーチャージング、カーシェアリ ング、スマートハウス事業との融合による環境負荷を低減する住まいづくり」と書いていました。たとえば、ソーラーパネルと蓄電池とを組み合わせて販売することにより、オフグリッドを実現するというのも一つの販売方法かもしれません。(修正済み)

(2017/10/31)
(画像:より引用)

驚いたのは、ヤマダ電機は、2010年から始めた三菱自動車「アイ・ミーブ」の販売を、現在も10店舗程度で取り扱っているという記事内容です。飾られたアイ・ミーブはホコリがかぶっていないか心配しましたが、もちろん実車はなくて、カタログが置いてあるだけなのでしょう。
インド 100万円のEV(2017/10/08)