未来予想図は、記事に付属させる形で書いてきましたが、たいへん長くなってきたので別にまとめます。

以下、2018年から2040年までの計画・予想発表記事を時系列に整理しています。ただし、これらはすべてあくまでも「予定」であって実現するかどうかは「未定」です。(初出2017/08/18、更新2017/12/07)

2018年 ・2019年 ・2020年 ・2021年 ・2022年 ・2023年 

2025年 ・2026年 ・2030年 ・2040年
(2018年)

◯ <クルマ革命>(2017/08/21)
  • 2018年夏ごろに超小型EVをタイで生産と販売を開始
◯日産 中国合弁会社「」(2017/08/14)

◯日産 新型リーフに電池容量を増やしたグレード追加(「Longer Range」)

◯ホンダ (2017/06/08)
  • 2018年に中国専用電気自動車モデル発売
◯パナソニック (2017/11/29)
  • 中国とインドの現地企業に二次電池やモーターといった重要部品の提供に加え、EVの設計、生産も支援《「OEM(相手先ブランド)メーカーの形》
◯フィスカー (画像:氏のTwitterより引用)

  • 都市部を走行する公共交通手段の自動運転シャトルとしてEV『オービット』(Orbit)を発表
  • 第一号車は2018年10月
◯現代自動車 2018年前半に(2017/8/17)
  • 航続距離が500キロメートルのEV開発に着手
◯ジャガー・ランドローバー(英) (2017/08/19)

◯GM (2017/11/24)

◯ダイムラー
  • 2018年半ばでにリチウムイオン電池の操業を開始
  • の電池容量は41.4kWh、航続距離は約150km。暖房を入れても100km程度走行可能(2017/11/24)
◯ドイツ (2017/05/22)

◯ロシア (2017/04/12)

◯タイ (2017/09/01)


(2019年)

◯三菱 (2017/09/24)
  • 軽自動車がベースのEVも国内に19年にも投入(当初の2020年から前倒し?)
◯東芝 (2017/10/02)
  • 体積あたりの容量を2倍に
  • 従来の5倍の電流で充電が可能
◯ホンダ (2017/09/13)

◯マツダ を2019年に発売

◯インフィニティ (2017/09/28)
  • 日産が海外で展開する高級車ブランド、2019年の発売を目指して新型EVを準備中
◯ルノー、東風、日産(中国)投資有限公司 が設立するは、電気自動車を2019年に生産開始(2017/08/29)

◯ポルシェ  (2017/09/19)
  • 米国では少なくとも8万ドル程度から
  • 一充電航続距離が300マイル(480 km)。350 kW急速充電にも対応 
◯フィスカー (2017/08/14)
  • 9分で160㎞分のバッテリー充電、価格12万9,900ドル(約1440万円)
◯ボルボ (2017/07/05)
  • ボルボ・カーズは全ての車にモーターを搭載
◯テスラ 
  • にModel Yを発売(2017/05/09)
  • 航続距離500マイル(約800km)の電気トラック『セミ』の予定
◯BMW 「MINI」(2017/08/30)

◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/07)
  • (2017/09/19)
  • 蓄電容量70kWh、1充電航続距離最大500km
◯インド (2017/5/24)
  • 2019年には1充電で最大350キロメートルを走る新型車を投入
◯中国 (2017/09/01)
  • メーカーに新エネルギー車(電気自動車など)の現地生産を課す新規制について、開始時期を2018年から実質的に1年延期
  • 全体の10%、翌年は12%を新エネルギー車に決定(2017/09/28)


(2020年)

◯ヤマダ電機 (2017/10/31)
  • と提携し、2020年までに全国のヤマダ電機店舗やインターネット通販で100万円以下の電気自動車を販売
◯パナソニック (2016/11/27)
  • 完全自動運転式の2人乗りパーソナルEVを自社開発
◯トヨタ (2017/11/17) 
  • トヨタ 全固体電池搭載のEV発売へ 数分で充電(2017/07/25)(リンク切れ)
  • 2020年にオリンピックモデルの電気自動車を大会で使用
◯スズキ (2017/11/17)
  • トヨタもスズキから供給を受け、自社ブランドで発売
◯三菱 (2017/09/24)
  • SUVをベースにした電気自動車(RVR)を2020〜21年に日米欧などの市場で発売
  • 販売中の軽のEVより価格を抑えた (2017/06/09)※2019に変更か
◯ホンダ (2017/10/25)

◯GSユアサ (2017/08/08)
  • 1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも開始
(イーグル) (2017/10/06)

◯日立造船 (2016/03/04)

◯積水化学 (2016/03/09)
  • 車載分野で2020年以降の参入を目指す
◯テスラ を2020年までに発売(2017/11/17)
  • 1充電航続距離:およそ1000km
  • 最高速度400km/h以上
  • 導入記念車は(2800万円)

(画像:テスラのHPより引用)

◯ダイソン (2017/09/27)
  • コードレス掃除機などで培った蓄電池やモーターの技術を生かし、すべて独自での開発
  • 2020年代の初めまでに全固体電池を採用し、「スポーツカーではなく、非常に安い車でもない」EVを発売
◯ジャガー・ランドローバー(英)  (2017/09/08)
  • 2020年以降に発売するすべての車種のパワートレインを、電動化
◯アストンマーティン(英) 
  • 2020年末までに全車種の4分の1を完全電気自動車に
◯フォルクスワーゲン (2017/08/08)
  • 価格は3万〜3万5000ドル、航続距離は約250〜300マイル(約400キロ~480キロ)
  • 前後にモーターを1基ずつ搭載、83kWhのリチウムイオン・バッテリー()
  • 最初のI.D.モデル、『ゴルフ』セグメントに属する(2017/12/05)
  • 2020年から
  • 20年までに年40万台の
◯アウディ (2017/08/24)

◯BMW (2017/09/11)
  • 2025年までには全部で12車種の完全EVを展開
◯ドイツポスト (2017/06/14)
  • 2021年をめどに約47,000台の配送車のほぼすべてを電気自動車に切り替える
◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/10)
  • (2017/10/11)
◯フォード (2017/05/18)
  • EV SUVの航続距離は
◯ドイツ 2020年までに(2017/09/14)


(2021年)

◯SUBARU (2016/05/12)
  • 、「レガシィ アウトバック」や「フォレスター」、「インプレッサ」などが候補
◯GM (2017/11/20)


(2022年)

◯日産・三菱・ルノー (2017/09/15)
  • 12車種のゼロ・エミッションEVを発売
◯ホンダ 2022年をメドに
◯トヨタ 全固体電池搭載のEV発売へ 数分で充電(2017/07/25)(リンク切れ)
  • 「全固体電池」を搭載した電気自動車を、2022年にも日本国内で発売する方針
◯フォルクスワーゲン (2017/08/23)
  • ベースは「」で、レベル3の自動運転技術を採用
  • 北米・欧州・中国で、商用モデルと乗用モデルの両方投入 
  • コンセプト・モデルは、新欧州ドライビングサイクル航続距離600km
◯ダイムラー 「メルセデス・ベンツ」(2017/09/12)
  • 50種の新しい電気自動車がオプションとして選択可能
  • (2017/10/11)
◯タイ (2017/10/05)
  • 政府は、全国で約2万2000台のトゥクトゥクを2022年までに全てEVに切り替え

(2023年)

◯GM (2017/10/03)
  • 2023年までに20車種以上の電気自動車と燃料電池車を発売

(2025年)

◯ホンダ (2017/03/07)
  • 2025年をめどに欧州四輪販売数の3分の2を電動車両(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池)に置き換える
◯フォード 2025年までに中国で電気自動車かハイブリッド車で15車種以上発売(2017/12/06)

◯テスラ (2017/07/19)
  • おそらく10年後(2027年)のアメリカでは、新たに生産される自動車の半分以上がEVに」
  • 「EVの価格は、従来のガソリンエンジン車と同程度に」
◯アウディ (2017/08/24)

◯BMW (2017/09/11)

◯フォルクスワーゲン (2017/09/13)
  • (2017/09/15)
  • (2017/11/13)
◯オランダ (2016/06/06)
  • 2025年から
◯ノルウェー (2017/06/01)
  • 2025年以降は、従来のガソリンおよびディーゼル車の新規登録廃止を目指す
◯インドネシア (2017/09/04)
  • インドネシア政府は、EV部品の輸入税率を現行の50%から5%に引き下げることを検討
  • 2025年までに国内自動車生産台数の2割をEVに

(2026年)

◯GM (2017/11/20)
  • 乗用車からクロスオーバー車、SUV、商用車まで、EVをフルライン化する

(2030年)

◯マツダ (2017/09/18)

◯スズキ は、2030年の実用化を想定(2017/09/22)

◯新エネルギー・産業技術総合開発機構 (2016/05/18)
  • 2030年に航続距離500km程度の走行性能を有する普及価格帯の車載化を目指す
◯フォルクスワーゲン (2017/09/12)

◯サムスン (2017/11/07)

◯台湾 (2017/11/29)

◯マレーシア (2017/08/16)
  • 2030年までに電気自動車登録台数10万台、充電器12万5,000カ所
◯インド (2017/06/04)
  • 2030年までに同国内で販売する自動車を全て電気自動車に
◯ハワイ州 (2017/08/31)
  • (2027〜2037年)ガソリン車から電気自動車や燃料電池車への移行を促すための方策を検討し、導入目標を設定
◯パリ (2017/10/16)


(2040年)

◯イギリス (2017/07/26)
  • 2040年までに国内でのガソリン車とディーゼル車の販売を禁止
◯フランス (2017/07/07)
  • 2040年頃(まで)に国としてガソリン車とディーゼル車の国内販売を禁止