(2017/11/22)

イーロン・マスクCEOの「次世代のロードスター向け特別アップグレードパッケージでは、間違いなく短距離を飛ぶことが可能になるだろう」とのツイートを紹介しています。

(画像:テスラのHPより)

新型ロードスターは、最高速度400km/h以上だそうです。ジャンボジェットの離陸時の速度は、300km/h前後だそうですから、羽をつければ飛ぶのは間違いありません。飛んでしまうと、飛行機の免許も必要になるでしょうが。

ちなみに、東海道新幹線「N700系」の営業最高速度は時速285kmだそうです。

それにつけても2004年段階で慶應義塾大学電気自動車研究室(当時:清水浩教授)のEliicaは300km/hを越え、370km/hに達していたことは、今さらながらすごいことだったのだと思い知らされます。早すぎた登場だったのかもしれません。