(2018/01/25)

日産は、新型「日産リーフ」に設定されている自動駐車機能「プロパイロット パーキング」の技術を応用し、旅館のスリッパや座布団などを整理整頓する「ProPILOT Park RYOKAN」を公開していました。



「ProPILOT Park RYOKAN」

「プロパイロット パーキング」 を視覚に訴えるために、「自動運転化技術」のシステムを上手く利用したユニークなアイデアではありますが、『スリッパくらい自分でそろえてよ。座布団をきちんと片づけないって行儀が悪いなあ。』と生真面目に思ってしまうのは、年をとったからでしょうか。

ところで、玄関先のスリッパが自ら動き出して、空いた場所を捜して定位置に整列させることができるのですから、決まったところにある客室まで、たとえば402号室まで客を先導するようなことは技術的には容易いことでしょう。

老舗旅館にかぎって増築を繰り返し、建物が迷路のようになっていることが多いですから、部屋を案内する人が必要となりますが、こうした役割をロボットに担わせれば、人手不足の解消になるでしょう。ただし、それは人型ロボットではなく、「スリッパ」であるほうが楽しいに違いありません。

さらに話は脱線しますが、万が一の時に客を誘導するのにもこうした「自動運転スリッパ」は役立ちそうです。各部屋に専属の「スリッパ」を用意しておけば、状況に応じてAIにより最適な最短のルートを瞬時に割り出し、宿泊客を安全に避難させることができるかもしれません。

ニュースリリースによると自動的に整理整頓される仕組みは、「 玄関、宿泊室などの天井に設置されたカメラが、スリッパや座布団などの位置を把握し、リアルタイム画像処理技術とソナー情報を組み合わせ、それぞれが進行すべき正しい位置を指定」するのだそうです。こうした技術は、自動運転機能を持つ車がやがて自由に走り回る社会を彷彿とさせます。

そうした社会は、以下のように法整備も始まるようですから、今考えているよりも早く実現するかもしれません。

 (2018/01/26)

なお、以下の予定で「ProPILOT Park RYOKAN」備品の「スリッパ」をデモを行うそうです。 
  • 日時: 2月1日(木)~2月4日(日)10:00~20:00 
  • 場所: 日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市西区高島1-1-1)

また、「」を体験する宿泊を受付ていました。
  • 日程:3月24日(土)〜3月25日(日)
  • 場所:箱根の老舗旅館「」
  • 人数:1組(2名)限定
  • 応募方法:自身のTwitterアカウントより 「#PPP旅館 #wanttostay」 とハッシュタグを付け、宿泊希望人数を明記の上、公開設定で投稿
  • 応募期間:1月25日(木)14:00 ~ 2月10日(土)18:00