上記の情報をお知らせいただきましたので、早速確認したところ、iPhoneやiPadなどアップル製品に付属している純正ソフト「」で「充電スタンド」が検索可能になっていました。

03

たとえば、iPhoneの「」で検索枠に「充電スタンド」と入れると、現在地周辺の充電スタンドの位置が表示されます。複数の充電スタンドが狭いエリアに集中している場合、充電スタンドの「数」を数字で地図上に表示します。また、「福井市充電スタンド」ように目的地の場所と充電スタンドを併記すると、その周辺の充電スタンドが出てきます。

地図の中のバッジ(アイコン)か下の一覧表の中のリストをタップすると詳細が下に表示され、現在地からの経路も調べることができます。iPadの場合は画面左側にリストアップされます。

さらに、詳細の欄を下にスクロールすると「のより詳しい情報」というアイコンが有り、それをタップするとのページにつながります。そこからは、充電スタンドの出力や利用料金などの情報を得ることができます。(加筆:のHPも新しくなっており、以下に告知がありました)

(2018/02/09)

なお、音声認識の「Siri」で「充電スタンドはどこ?」と言うと、周辺の充電スタンドをリストアップしてくれます。その中から希望のものをタップすると、で表示される詳細と同じものが出てきますが数は多くありません。「急速充電スタンドはどこ?」と言うと、急速充電スタンドが表示されましたが、最も近いものではありませんでした。精度は向上中のようです。

また、パソコン版のアップルの「マップ」でも「充電スタンド」は検索することができますが、表示される「充電スタンド」は多くありません。こちらも最適化はこれからのようです。

同じ地図アプリである「Google Maps」でも「充電スタンド」は検索することができますが、表示される「充電スタンド」は多くなく、「」の方が精度が高いです。これは、「」がすでにある充電スタンド検索アプリである「」と連携しているからでしょう。