(2018/04/17)

とは、太陽光パネルと電気自動車(e-NV200)、電気自動車のとを結びつけた新型蓄電池システムを「みらいの工場」プロジェクトとして開始したと告知しています。

発表によると、このプロジェクトに使われているリユース蓄電池の容量は約400kWhで、「リユース蓄電池パック24台分を搭載」と書かれていますから、400/24で1台分の電池容量は約16.7kWhとなります。

日産は、「リーフ」の使用済みバッテリーを再製品化し、3月から24kWhバッテリーの有償交換サービスを開始していますが、車の方は劣化が少ないセルを抜きだしてリーフ用として発売しています。

今回のプロジェクトでは、このリーフ用には使えないさらに劣化が進んだバッテリー(16.7割る24は約69パーセント)が使われているのでしょう。

(2018/04/17)




(2018/04/17)

(2018/04/06)