7月11日にで、「EV・FCVパレードラン」が行われ、昨年初めて行われた前回に続いて、このパレードに参加しました。

富士スバルラインでは、7月10日(火)から9月10日(月)までマイカー規制が行われていますが、期間中でもされています。このことをアピールするために「EV・FCVパレードラン」が行われました。


なお、EVなどは、事前にで車検証を示して確認証の交付を受ける必要があります。


記念式典などは無事に済みましたが、登坂の途中から雨になり、やがて土砂降りとなったために、終点の5合目でのデモなどは中止となりました。

(画像:5合目駐車場にならぶ雨の中のEV)

各メディアなどは以下のように「EV・FCVパレードラン」の様子を伝えていました。(時間とともにリンク切れになるものもあります)
  • (2018.07.11)EVオーナーズクラブ
  • (2018 /07/12)
  • (2018/07/11)NHK甲府
  • (2018 /07/12)
  • (2018/07/11)テレビ山梨
  • (2018/07/12)山梨日日新聞
  • (2018/07/12)毎日新聞・山梨版
今回の出発地点は標高約800mあるとはいえ目的地の5合目は2305mで、標高差は約1500mもあります。電気自動車は、力強い駆動が持ち味ですから坂道もぐんぐん登って行きますが、その分の電気消費は大きなものがあり、初めての道ですと電欠の心配が脳裏を横切ります。

しかし、前回の経験があるので、今回は日産広報の方のゲスト乗車で重くなっているとはいえ、心配なく登り切ることができました。(2人乗り)
→富士山5合目間:約30km(標高差約1500m)
充電率:91%→27.5%

(2017年データ:1人乗り)
→富士山5合目間
充電率:98%→40.5%

下りは「回生」でできるだけ電気を回収しました。

富士山5合目→河口湖町間
充電率:27.5%→50%

この下りが大きく影響して、翌朝までに宿泊先でおこなった普通充電後の航続可能距離は、久々に136kmを示していました。