(2018/07/12)

2018年3月~4月におこなわれたWebアンケート「e燃費アンケート2018」の中のドケケン検討状況」の調査結果の中で、「航続距離が短い」から購入しなかった、「500km程度」走れば購入するという意見を公表していました。

500kmを一度も休まずに走り続けるの?、毎日どれくらい走っている?という突っ込みをはさみたくなるのは別にしても、 EVのデメリット(2013/06/29)に書いたように、5年前の2013年当時にカタログ上で200kmといっていた初期リーフでも 「あと100キロ走れば買うのに」と言う人がいました。

今の400kmリーフでも同じことを言う人がいるということは、買わないわけをあげるときに、こじつけたくなる理由は、何も変わらないということですし、次期とうわさされる60kWhグレードのリーフが500km走っても間違いなく「あと100キロ走れば買うのに」と言う人は出てくるでしょう。

こんなに楽しくてお得な乗り物はないので、買う時期が遅れれば遅れるほど、その恵みを受ける時間が先送りされてしまうのに、とEVユーザーとしては思ってしまいます。

富士スバルライン EV・FCVパレードラン(2018/07/16)