(2018/08/23)

掃除機などで有名な「ダイソン」が、電気自動車に関連しそうな「デジタルモーター」を商標登録していたと伝えています。

以前から下にあるように、ダイソンが電気自動車を開発しているのでは、という話題はつきませんから、それを結びつけたい気持ちはわからなくはありませんが、申請書に「自動車」の文字が含まれているとは言え、「デジタルモーター」の名前がすぐに電気自動車に結び付くとも思えません。

ダイソンにとってモーターは得意だとしても、問題は「電池」にあるでしょうから、そこをどのように解決してくるのか楽しみではありますし、消費者にとって選択肢が増えることは好ましいことですから、ダイソンのEVにも期待は膨らみます。

(画像:ダイソンのHPよりロボット掃除機の画像を引用)

◯ダイソン (2017/09/27)
  • コードレス掃除機などで培った蓄電池やモーターの技術を生かし、すべて独自での開発
  • 2020年代の初めまでに全固体電池を採用し、「スポーツカーではなく、非常に安い車でもない」EVを発売
  • 「初代モデルを2020年までに市場投入する目標で、開発を進めている」「日本が最初の発売国になる可能性がある」 (2018/03/23)
◯ダイソン 
  • 2022年までにEVも電池もフル生産に(2018/01/15)