(2018/10/05)

トヨタ自動車とソフトバンクが次世代の移動サービス分野で提携したと報じています。

朝日新聞の(2018/10/04)の記事の中では、トヨタが移動に関わるサービスを提供する「モビリティ・カンパニー」への転換するための手段として、電気自動車「イー・パレット」を計画しているとしていますが、前の日経の記事では、『完全自動運転車「イー・パレット」』とあるだけで、ドケケン」の文字がありません。

また、(2018/10/05)にも『モビリティサービス専用の次世代車「イーパレット」』とあるのみです。

レスポンスの(2018/10/05)には「自動運転の電気自動車『e-Palette』」とありました。

東京新聞の(2018/10/05)には「二三年以降はトヨタが開発中の電気自動車(EV)「イーパレット」を活用」とありました。

会社によっては、ドケケン」というパンドラの箱を開けてたくはないのかもしれません。もしくは、提携の先にドケケン」が必須となるという認識がないのかもしれませんが。

e-パレットのリンク先に「EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド車(PHV)の供給も検討する」とあったので、あくまでも基本は電気自動車との認識で書きましたが、コメントいただいたようにe-パレットがドケケン」のみという誤解をあたえかねませんので、「EVグレードなどがあるe-パレット」と補足するとともにタイトルに「?」をつけました)

e-パレット
(2018/01/22)