(2018/10/03)

ホンダは、GMクルーズホールディングスLLCとゼネラルモーターズとで、自動運転技術を活用した無人ライドシェアサービス専用車の共同開発を行うと発表していました。

ホンダのニュースリリース中には、ドケケン」の文字はありませんが、クルーズのには、「electric vehicle platform」とあり、専用車にはドケケン」を想定しているのでしょう。

(画像:より引用)

ちなみに、先日、トヨタ自動車と次世代の移動サービス分野で提携したソフトバンクは、GMクルーズへもすでに投資しています。