(2018/10/09)

スズキのインドにおける子会社「マルチ・スズキ」は、2020年までに販売する予定の電気自動車のプロトタイプ試験を開始するとあらためて発表していました。

(画像:マルチ・スズキのHPより引用)

スズキのEV<2018 /09/12>

プロトタイプは、日本の既存のモデル『ワゴンR』を元に日本国内で開発されたようで、インドの工場で生産された50台は、インドの様々な地形や気候条件の違うところでテストがおこなわれるそうです。それにより収集されたデータを元に、スズキの電気自動車は2020年までに発売予定とのことです。

 (2018/10/10)

地域によってはインドは高温でしょうから、電池の温度管理が課題になりそうです。

『ワゴンR』を元に日本国内で開発されたとのことですから、この検証さえすめば、日本国内でもスズキEVを見る日は近いかもしれません。

インド 電気自動車のみへ(2017/06/06)