(2018/12/13)

昭和シェル石油は、日本ピザハットとの協業店舗・第1号店「セルフ代々木サービスステーション」(ガソリン給油)と「ピザハット代々木店」を、12月14日に渋谷区代々木にオープンしたと告知していました。

(画像:昭和シェル石油のHPから引用)
このSSは、「(ガソリンの)燃料補給とピザのテイクアウトという2つのニーズをワンストップで済ませられる、より利便性に富んだ店舗」とのことです。

電気自動車の欠点をならべるとき、1つには充電時間の長さがガソリン車に比べ長いことを取り上げられますが、充電している間にこそ、ピザを注文し焼きあがるのを待つ時間は合うような気がします。

事前に予約することもできるそうですが、セルフのガソリンスタンドでの給油中は給油ガンから手を離して、その場を離れることはできません。しかし、充電では充電ガンをそのままにして注文をするか受取に行くことはできます。

また、給油にともなう石油臭さも、ピザには不都合でしょうが、電気にはそれはありません。

両社は、「5年以内に協業型店舗を100店舗開発することを計画」しているそうですから、「充電ピザ」にも期待します。もっとも、今の電気自動車の台数では、需要はまだまだ少ないでしょうが。