( 2019/01/10)

中小企業向けの補助金制度がある東京都は、2019年度から都内在住の個人や大企業にも対象を広げ、電気自動車の購入に1台当たり30万円の補助金を出すと報じていました。

東京都はにつなげるためにLED照明への交換事業を行っていましたが、2019年度からは、電気自動車で、それも個人も含めて排出削減に取り組むようです。

2018年度の国の補助金が上限で40万円でしたから、30万円とはさすが裕福な東京都です。国の補助制度が2019年度も同じかどうか定かではありませんが、 日産リーフ e+(2019/01/10)に書いたように、2018年度は補助金対象となる車両の初年度登録日が2月1日以降でしたから、東京都の分も含め制度にもれないように気をつけなければなりません。東京都民でない私には関係のない話ですが。

気になるところは 、補助金対象とする車の中に「プラグインハイブリッド車」も入っていることです。2019年度予算案で18億円、それを2019年から2021年度の3年間続けるそうですし、「約3万5000台」への補助を見込んでいるそうですから、それに占める電気自動車の割合も気になるところです。

いずれにせよ、日産リーフ e+に取っては絶好の追い風です。