(2019/03/14)

日産と三菱、は、3月28日に発売予定の新型軽自動車を、生産工場である三菱自動車の水島製作所でオフラインしたと告知していました。

新型軽自動車は、日産自動車『(デイズ)』『DAYZハイウェイスター』、三菱自動車『』『eKクロス』です。

(日産のHPより引用)
三菱は普通車規格へ移り、電気自動車の乗用車・軽版はなくなってしまいましたが、ぜひとも軽EVをこの『DAYZ』や『ek』シリーズに加えてほしいものです。

は、『DAYZ』がホンダのN-BOX、スズキのスペーシアに続いて第3位ですが、同じラインで作っている11位の三菱『ek』も合わせると17,705台となり、スペーシアを抜いて2位、1位のN-BOXに1,487台まで迫るのですから、量産効果は十分でるでしょう。床下に電池を載せるだけのスペースが事前に確保してあるか気にかかるところです。

 1. ホンダ N-BOX(19,192台)
 2. スズキ スペーシア(14,350台)
 3. 日産 DAYZ(13,541台)
11. 三菱 ek(4164台)

と、希望を書いていたら、 (2019/03/14)に 三菱の益子会長CEOが14日の式典で、「将来的には軽の電気自動車(EV)もできれば同工場で生産したい」と述べたとありましたし、 (2019/03/15)には、「19年度中にも電気自動車(EV)タイプの投入を計画している」ともありました。後半は、日経の憶測部分ですから確かなことではありませんが、軽EVの計画が水面下で進められていることだけは確かでしょう。