充電器の話を2題

(2019/04/03)

によると、 2019年度の「充電インフ ラ整備事業」の開始スケジュールを下記のように発表していました。
事業説明会 :4月下旬予定 
申請受付開始: 2019年5月上旬頃予定
補助対象事業:
  1. 高速道路SA・PA及び道の駅等への充電設備設置事業(経路充電) 
  2. 商業施設及び宿泊施設等への充電設備設置事業(目的地充電) 
  3. マンション及び事務所・工場等への充電設備設置事業(基礎充電)
相変わらず、高速道路での経路充電では、そこに普通充電は組み入れられていないのでしょう。何度か要望しても経路充電だからと言われてきました。

特に都市近郊のSAなどで充電渋滞が頻発していることは、NEXCOは使用実態から把握しているでしょうが、3基目や4基目の急速充電器を設置するとの話は出てきません。高速道路規格で急速充電器を作るとたいへん高価なものとなるためかもしれませんが、食事をとる長時間利用者を想定して、そうした所に「普通充電器」を置けば充電利用者の分散になり、しかも安い費用ですぐにでもできると思います。


充電渋滞解消のために一番の方法は、充電器を増やすことですが、なかなか実現しない中で、もう1つの方法は、今の50kW急速充電器をさらに速くし、1台あたりの充電時間を短くすることです。

そこで、「CHAdeMO(チャデモ)」規格では、電池の大容量化を見すえ規格を150kWへ広げようとしていますが、日産でようやく 90kW急速充電器(2019/03/03)が設置され始めたところで、国内では実際に100kW 超が設置されるという話を聞きません。

日本発の「CHAdeMO」規格の実証実験をするなら、まずは日本だろうと思うのですが、残念ながらまずはアメリカという話題です。

(2019/04/03)

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 )と日産、兼松は、2015年からカリフォルニア州で行っているドケケンの利用範囲拡大を目指す実証事業」において、100kW超高速充電器の運用を開始したと告知していました。

素人の目には、2015年から4年もかけずとも利用範囲や使い勝手を良くする条件はわかりそうなものだと思いますが、それよりも100kW超高速充電器が日本で実証実験されないのが不思議です。

急速充電器から超急速充電器へ(2017/02/21)


(画像:日産のHPより引用)