(2019/05/13)

三菱自動車の欧州部門が調査した、『』の充電実態を発表していました。それによると、68%は毎日充電しているそうです。

『』は、充電できる車なのですから充電するのは当たり前だとして、 ガソリンで発電した電気で走るよりも、外部から充電した電気で走る方が安く済むのですから、できるだけ多く充電したくなるのは当然でしょう。

ですから、毎日充電が68%なのは少ない気もしますが、日々の使い方・走行距離によっても充電回数は違ってくるでしょうから、1回の使用で電気を使い切らない顧客がいるのかもしれません。(自宅充電97%)

先日、友人の話を聞いていたら、電気自動車で一番の心配は、一充電の走行距離、どれくらい走ることができるかだそうでした。 急速充電器の密度は思った以上に高いですから、現在電欠の心配はまずありませんが、電気自動車に乗ったことのない人にとっては、当然の不安でしょう。

その解決策の一つとして電気がなくなった後、ガソリンで走ることのできる『PHEV』なのですから、「顧客の25%が次回の新車購入の際、EVを検討」とあるように、『PHEV』が電気自動車オーナーへの入り口になってくれることを期待しています。

ただし、その期待に応え、『』に代わるドケケン」を三菱は現時点で持っていませんから、25%の顧客はみすみす他社へ逃すことになるかもしれませんが。(アイ・ミーブはあります)

(画像:三菱のHPより引用)