ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

(2018/10/31)

パナソニックが「」において披露した電気自動車コンセプトモデル「SPACe_C(スペーシー)」を紹介していました。

「SPACe_C」は、自動運転を前提とした電気自動車です。電動パワートレインを採用したプラットフォームを基本に、用途に合わせて上の架装を載せ替えるという構想で、トヨタの e-パレット(2018/01/22)と似ています。

記事によるとパナソニックは「将来の用途を考案していきたい」という段階だそうです。

製作メーカーの特色はプラットフォームの中身に特化するとして、コンテナのようにプラットフォーム規格を統一することにより、架装を替えやすくし、災害時には避難所として活用するというアイデアはいかがでしょうか。

普段は過疎地や都市部での移動手段として活用したり、イベントへの貸出、キャンプサイトでテント代わりに使ったりして、できるだけ台数をストックしておき、万が一の場合には、避難場所へすばやく移動させるのです。

実際に、使った例もあります。

自動運転ですから人員の手配はいらず、指示すれば大量に指定地へ送り込むことが可能となるでしょう。また、体育館などを使った避難所で課題となっている、個々のプライバシーも保つことが出来ます。仮設住宅を作るとなると資材も手間も時間もかかりますが、場所さえ確保できれば、すぐに運営を始めることが出来るでしょう。

災害大国でありながら、何年たっても体育館が避難所というお粗末な備えは、もうそろそろ解決したいものです。



(関連情報)
(2018/10/31)・・・同じ船に乗ろうと思えば乗ることのできるメーカー

(2018/10/31)・・・超小型EVの利用を提案

(2018/10/30)

(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

三菱自動車 2018年8月のEV販売実績<2018 /09/29>でアイ・ミーブの 軽 Xグレード(16.0kWh)は、「12台ある」と書きましたから、残りは9台かもしれません。詳しくは、近くの三菱ディーラーにご確認ください。

は台数こそわずかですが、コンスタントに出ています。
は新しくなったからか8月には、2017年7月や前月7月よりも2倍以上に増えましたが、9月にはさらにその8月から倍増しました。モデルチェンジ効果は十分です。


2009年11月から2018年9月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)
  • アイ・ミーブ軽自動車(上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)
  • 赤色
  • 緑色
  • 普通車(紫色)・・・「」誌に掲載されている数字を掲載

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10802

6785

45341

23

↓2018年度合計

31

132

3024

23

03月
0  0 0 0
02月
0  0 0 0
01月
0  0 0 0
12月
0  0 0 0
11月
0  0 0 0
10月
0  0 0 0
09月
3  21 1247 4
08月
5  21 678 7
07月
2  30 330 3
06月
11 31 405 5
05月
8 8 197 4
04月
2 21 167 0

(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック掲載中止(2016/03製造中止)国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

(2018/10/27)

は、充電設備への補助金を「新設」のみから、2019年度からは「増設」へも支援を拡充すると報じています。

高速道路のサービスエリア・パーキングエリアへの増設がいっこうに進みませんが、こうした補助金を待っていたのかもしれません。

しかし、 道の駅などに急速充電器設置 7(2018/10/21)に書いたように、すでに急速充電器も普通充電器も設置してある滋賀県のイオンモール草津のようなところにも今年度、補助金が下りていますから、リンク先のタイトルにあるような「補助拡大、増設を対象」という文字は、理解に苦しみます。リンク先は一部、会員限定記事となっていますので、そこに今年度とは違う補助条件が書いてあるのかもしれません

何はともあれ、どんな形であれ「増設」は大歓迎です。

(2018/10/29) 

(2018/10/26)

パナソニックは、自動運転の小型電気自動車をスタートアップ企業などと開発し、次世代の移動サービスに参入するとあります。

パナソニックの電池は、テスラ車に採用されるなど実績がありますから、下の動画にあるように以前から開発は進んでいるようですし、このように車種が増え、選択肢が増えることはありがたいことです。

 (2018/01/09)

ただし、「低速で目的地まで移動する自動運転のEV」の一つのターゲットとしている「過疎地の高齢者」は、早く世に出さないといなくなるかもしれません。

地方都市でも高齢化は進んでいますから、市場の拡大は見込まれるかもしれませんが、今「自動運転EV」が必要な「買い物に不自由な高齢者」が住む限界集落は、どんどん消えていっています。

ですから、人が手動で運転する「移動販売車」が活躍しているところもあります。「自動運転」よりも今すぐ必要な「車」やそれを運転する「人」が求められているかもしれません。


(2017/10/10 に公開されたもの)

電気自動車の大容量車載バッテリーを活用することにより、電力コストを削減しようという2題です。

( 2018/10/26)

日産は、との2社とで、電気自動車からビルに放電(V2B、Vehicle to Building)することにより最大需要電力削減するプロジェクトを開始すると告知していました。

(2018/10/25)

また、三菱電機では、電気自動車や蓄電池などと、太陽光発電や発電機などとを組み合わせ、充放電を最適化することにより、電力コストを削減する技術を開発したとしていました。

電気自動車に地域の電力調整役をになわす「バーチャル・パワー・プラント(VPP)」が構想されてていますが、風呂敷を広げる前に「ビル」ぐらいの大きさのものから始めて、コスト削減や災害対応などのメリットが大きいというデータを集め広めていこうということかもしれません。

日産のニュースリリースにも片隅に「将来的には再生可能エネルギーの発電状況や需給バランスに応じたEVの充放電を検討」とあります。

EVを活用<2018 /02/08>に書いたように動く「発電機」EVは、様々なことに活用されそうです。
2011年のエイプリルフール・ネタとして期待半分で書いた「電力会社がEVを大量購入」が、約7年の時を経て話題にのぼり、一部が具体化されるようになってきました。
2011年には電気自動車はまだ身近ではなかったために「電力会社」を主語にしましたが、今日ではちょっと走っただけでも電気自動車とすれ違うようになってきました。そして、その時に書いた電気自動車を「大量の電気を蓄えるダムに」「停電時に電力不足を補う発電機に」「太陽光発電などの調整弁に」は、実現する環境が整いつつあります。
課題は、このような活用の仕方が今後広まると、走行のみに使われていたよりも充放電の回数が増えることから、それに見合った電池性能が求められるところにあり、電池の劣化をどのような方法で補うかにあるでしょう。

(画像:日産のニュースリリースより引用)

↑このページのトップヘ