ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

ミニキャブミーブ・トラックの3度目の車検を受けました。(中古で買ったので、私のとしては2回目)

一番気になっていた「電池容量残存率」です。 以下、測定時の変遷です。

2016年3月26日:走行距離 8101km、「残存率」101.5パーセント(中古購入時)
2017年3月 3日:走行距離16189km、「残存率」100.8パーセント
2019年2月28日:走行距離31980km、「残存率」 99.3パーセント

いわゆる「軽トラ」ですから1日に長い距離を走るわけでなく、200Vか100Vの普通充電がすべてで、急速充電もほぼしない日常使いですが、「電池」という性質上「劣化」はつきものです。「電池容量残存率」は、1000kmごとに約0.09パーセントずつ減ってきていますが、電池はあまり劣化していないと考えて良いでしょう。

このまま減り続けるとして、「残存率」が80パーセントに達するまでに、約21万4000km走ることができます。また、今まで1年間にだいたい8000km走ってきましたから、このまま走り続けるとすると、27年は持つ計算です。(ある時点で急に劣化が早まるかもしれませんが^_^;)

27年後というと、電池は持っていても板金の痛みが激しいかもしれませんし、私の方がガタがきているかもしれません。

三菱はミニキャブミーブ・トラックの生産を2016年3月に止めてしまいました。販売が振るわなかったのが理由のようでしたが、案外いつまでも買い換える必要のない「車」を作ってしまい「まずい」というのが本当のところの理由かもしれません。

家にあるもう一台の電気自動車「アイミーブMグレード」は、このミニキャブミーブ・トラックと同じ電池・10.5kWhを積みながら、約6年11ヶ月で走行距離8万2500キロ、「電池容量残存率」は「105」パーセントでしたから、車種によってプログラムに違いがあり、電池への負荷の度合いが違うのかもしれません。
100V充電とパネルの角度変更(2019/03/02)

ミニキャブミーブ・トラックの一充電走行距離(2017/01/30)

 (自作の太陽光発電で充電しているミニキャブミーブ・トラック)

(2019/02/18)

買い物代行サービス「Twidy」に日産の「NV100 クリッパー」を組み合わせるサービス事業を4月より実証実験をすると告知していました。

日産が絡んだ事業ですから、軽商用車に「NV100 クリッパー」を採用するのは当然としても、 事業内容からいって三菱の「」が最適だと思えてしまいます。

今回の買い物事業では、購入した品物を届けるというサービス内容からいっって、行動範囲は近距離ですし、「TEPCO i-フロンティアズ」という東京電力グループの会社が絡んでいるのですから、電気という低コストで動く「」を使わないてはないでしょう。

大型マンションに充電器の設置が難しかったとしても、日産や三菱のディーラーで急速充電すれば事足りますし、その充電時間がもったいなかったら、買い物をするショップに普通充電器を備え付けてもらうという方法もあるでしょう。日産リーフを買うとほぼほぼ無料で200Vの普通充電器を設置してくれるのですから、連携してできなくはないでしょう。

ショップとしても来店してもらえる動機にもなりますし、日産とのコラボで無料と言わなくても格安で普通充電器をつけることができれば、多くの店が手を挙げるのではないでしょうか。

(画像:三菱のHPより引用)

(2019/03/02)

滋賀日産自動車 「」に新たな急速充電器が設置されたと聞いたので、確かめに行ってきました。写真にあるように「新電元」の90kW充電器です。
今までの44kW急速充電器もありますから、「」では2基態勢です。
下の写真の奥にあるのが今までの44kW急速充電器ですが、比較すると本体がずいぶん大きくなっています。
また、確かめるのを忘れましたが、90kWの充電ケーブルは44kWのものと比べると少し太かったように思いました。
アイミーブMグレード(10.5kWh)で充電しましたが、当然ながら90kWには対応していないので、今までと同じように125A止まりです。
リーフなどの電気自動車にお乗りだという営業の方と話し込んでいるうちに、90パーセントを越えてしまい、電流値は33Aまで下がっていました。 15円で11分間充電し、165円でした。

滋賀県内には、他にも にももう1台が増設置されましたが、同じ資本でも は「 」の急速充電器のようです。そちらは使ったことがないので比較はできませんが、「 」のものは今までの充電器と同じ要領でできました。ただし、この日から使用開始からだったのか、充電ガンが本体より外しにくかったです。(上の文の一部修正済み)

「」の周辺には急速充電器が多く設置されていますから、今までは充電中の車があると、お店の人は他の場所を案内していたそうですが、今後は安心して店内で充電していただけるとのことでした。

実際に、スマホの充電検索アプリ「」の三菱・有料版「」で「満空情報」を見ると、近い時刻に2基稼動している場合が見うけられます。今までなら同店で待つか、他へ移動していたことでしょう。

お話しいただいた営業の方は、実際に電気自動車を愛用されているからか、様々な情報に詳しい方でした。それでも、充電率が90パーセントのように高くなると、あまり充電できないこと・時間を考えれば終了した方が良いことを理解してもらうのはなかなか難しいことだとおっしゃっていました。 

充電器の検索アプリ「」を出しているHPから日産全店(1856店)を検索し、3月8日現在、90kW器が備えられている店舗を選び出しました。
  1. 日産プリンス宮城販売 気仙沼店
  2. 日産プリンス栃木販売 今市店
  3. 日産サティオ埼玉北 寄居店
  4. 浜松日産自動車 和田中央店 
  5. 愛知日産自動車 春日井インター店 
  6. 日産プリンス名古屋販売 一宮バイパス店 
  7. 岐阜日産自動車 大垣店 
  8. 滋賀日産自動車 南彦根店 
  9. 京都日産自動車 十条店 
  10. 兵庫日産自動車 姫路東店 
  11. 日産サティオ岡山 水島店 

自作の太陽光発電の電気を使い、100V10Aの三菱純正・充電コードで充電していますが、100V×10A=1000W出ているわけではないようです。

ワット・メーターで計ってみましたが、アイミーブでは下のように900W前後が表示されます。

また、ミニキャブミーブ・トラックでは、860W前後とアイミーブよりも少なく表示されました。同じ東芝のSCiBで10.5kWhと同容量の電池が載っているにもかかわらず、受け入れる容量が違うところをみると、両車でプログラムが違うのかもしれません。

(ミニキャブミーブ・トラック)
1000Wとはいかないまでも、950Wぐらいは出力されるのかと思いましたが違うようです。(アース線は繋いであります)

充電に使う太陽光パネルも春仕様に変更しました。

冬の間、太陽は傾きが大きくなるのと積雪対策で、下の写真の様にパネルは50度にたてていましたが、太陽高度が上がり日もずいぶんと長くなってきたので、角度を30度へと緩やかにしました。
(↑冬仕様の50度のパネル)


(↑30度のパネル)
パネルの後にある支柱がはみ出た分、角度を50度から30度へと緩やかになっています。この状態で4月いっぱいまで維持します。
支柱の長さが短くなったので、斜めの補強は入れていません。
また、全部を変えてしまうと比較がしにくいので、一列ずつ変更した写真を載せておきます。



太陽光発電の100Vで充電 その4(2019/02/14)

(2019/02/27)

(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

アイ・ミーブの 軽 Xグレード(16.0kWh)は、11月・12月と「ゼロ」でしたが、久々に2台売れました。もうそろそろ終了でしょう。
普通車は、過去最高の13台でした。

は、に押されてか、じわじわ台数を減らしつつあります。

2009年11月から2019年1月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)
  • アイ・ミーブ軽自動車(上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)
  • 赤色
  • 緑色
  • 普通車(紫色

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10807

6860

47943

55

↓2018年度合計

36

207

5626

55

03月
0  0 0 0
02月
0  0 0 0
01月
2  16 449 13
12月
0  7 683 9
11月
0  33 913 0
10月
3  19 557 10
09月
3  21 1247 4
08月
5  21 678 7
07月
2  30 330 3
06月
11 31 405 5
05月
8 8 197 4
04月
2 21 167 0

(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック掲載中止(2016/03製造中止)国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

↑このページのトップヘ